PR

幡ヶ谷タンジャイミールス(カレー) 巨匠が作る本格的な南インド料理を徹底解説

世界のグルメ(日本)

日本のインドカレーと言えば、バターチキンカレーとナンですよね。

確かにこのセットは美味しいのですが、インドで食べられているのかというとちょっと異なります。

日本ではなかなか本格的なインド料理、特に南インド料理を提供するお店は少ないのですが…

2023年1月に東京幡ヶ谷にオープンしたタンジャイミールスでは日本のインド料理界の巨匠が作る超本格的なインド料理を頂くことができるのです!

こちらの記事では、そんなタンジャイミールスの魅力を口コミや評判とともに徹底解説します。

本格的なインドカリーを日本で食べたい方は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

タンジャイミールスをおすすめするポイント

タンジャイは、南インドの古都タンジャーヴールの呼称です。
その名を冠した「タンジャイミールス」は、南インド各地から選りすぐった魅力的な料理を提供しています。

タンジャイミールスのおすすめポイントはこちら。

おすすめポイント

1.本格的な南インド料理
タンジャイミールスは、日本のインド料理界の巨匠カルナニディ・シャンカーさんが作る本格的な南インド料理が有名です。
2. 経験豊富な日本インド料理界の巨匠
シャンカーさんは神保町の「シリ バラジ」のオーナーに声を掛けられて来日して9年シェフを務め、そのあと経堂の「スリマンガラム」に移ってインド料理を作っていました。
3. 多様なメニュー
タンジャイミールスでは、ミールスやドーサ、土日限定のビリヤニなど、多種多様なメニューを楽しむことができます。
4.ハラールなメニュー
こちらはハラール食品のみを提供しています。
イスラム教徒やヒンドゥー教徒の方も召し上がれます。
5.JapanCurryAward受賞
日本仕様にしたものでないインド現地の味を普及すると共にシェフのクリエイティブな一皿を提供しようとする姿勢や新しい店ながら近隣や遠方からのお客様にも支持されているところを評価されて受賞となりました!

口コミと評判

タンジャイミールスの口コミや評判はこちら。

マトンカレーはココナッツのまろやかさの中に、ほんとにちょっとだけマトンの匂いがしてくせが少しあり、ちょっと辛くておいしいです。
スタッフさんが気さくで雰囲気が良いです。
ミールスの説明というイラスト書きされた冊子があるので分かりやすいです。
都内でも有数の「本物」なインド料理を提供するお店です。

おすすめメニュー

タンジャイミールスのおすすめメニューはこちら。

おすすめメニュー

1. ノンベジミールス(ランチ):1,600円
2. ベジミールス(ランチ):1,450円
3. マトンカレー:カレー1種のセット価格は900円
4. セットドーサ:1,200円
5.土日限定のビリヤニ:お値段不明

※ノンベジはマトンorチキンから選べます。
※チャパティ(薄焼きパン)orプーリー(揚げパン)
※ライス、ラッサム、サンバルは1回おかわり可

 

祝日のランチはスペシャルセットのみとなります。

基本情報

タンジャイミールスの基本情報はこちら。

基本情報

住所:東京都渋谷区幡ケ谷2丁目7-10
電話番号:03-5352-8055
営業時間:11時~15時、18時~22時
定休日:
アクセス:京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩2分
駐車場:無
支払方法:PayPay、d払いでの支払可
テイクアウト:可

詳しい情報は食べログよりどうぞ

まとめ

以上、タンジャイミールスをご紹介してきました。

お店はx(旧Twitter)もやっています。

 

筆者りずは日本で食べる本格的な外国料理が大好きなので、このブログのタイトルを「世界のグルメ隠れ紀行inJapan」と名付けました。
その割には世界のグルメを全然ご紹介できていないのですが…。

タンジャイミールスの情報はつかめていなかったので、ぜひお店を訪れてみようと思います。

経堂の「スリマンガラム」跡地に支店が出来たそうですよ。

本格的なインドカレーに興味がある方は幡ヶ谷か経堂のお店をぜひ訪れてみて下さい!

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

↓↓↓ポチッとクリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました